カタカムナ80首

カタカムナ32首を読み解く  時とは『與む氣なり。割別れて息を與む。』

カタカムナ32首を読み解く

 

中心図象ヤタノカカミ 発生原理

アマノ カミ   アメノ ヨロヅ

ア・・・空中の水の靈也。無にして有也。五十連の総名也、天也、海也、吾也、自然(おのつから)也、◯也。

マ・・・火中の水の靈也。潤水也、向也、眼也、回也、間也、曲也、大也、広也、円也、甚也、狗也、多也、女也。

ノ・・・水の靈也。回水也、如也、差別(けじめ)を宰る也、切也、割別也、◯也。

カ・・・煇火の靈也。影也、別也、香也、必也、黒也、暗也、大也、上也、数也、疑也、高也、限也、如是也、陽の昇也、家也、草也、是有也、搦也。

ミ・・・火中の水の靈也。潤水也、正中を宰る也、月の靈也、貴也、虫也、五穀也、渦巻也、暗也。

ア・・・空中の水の靈也。無にして有也。五十連の総名也、天也、海也、吾也、自然(おのつから)也、◯也。

メ・・・火中の水の靈也。潤水也、回也、芽也、正中を宰る也、女也、米也、海草也、馬也、群也、下知也。

ノ・・・水の靈也。回水也、如也、差別(けじめ)を宰る也、切也、割別也、◯也。

ヨ・・・水火の靈也。与也、女男の契也、淀也、齢也、下知也。

ロ・・・濁水の靈也。大濁の塊也 、ラリルレの四音はこの一音に凝塊也。故にこの四音に代りてなすことある也。

ス・・・水中の火の靈也。澄也、洲也、直也、鳥也、穴也、差別也、黒也、文(かざり)なき也、一(すいち)也、住也。

アマノカミ ・・・地を駆けめぐる氣(イキ)

アメノヨロス・・・天を駆けめぐり與み塊る水中の火

トノチ・・・反しチ。天地も、元は氣(イキ)より開て、万物をなす。

 

 

解説

地を駆けめぐる氣(イキ)、天をめくりめく與み塊る水中の火、天地も、元は氣(イキ)より開て、万物をなす。

 

クナキ ノ タマ   ワケ アヤ クメ

ク・・・影の火の靈也。氣(いき)の降る也、与也、土也、黒也、香也、濁也。

ナ・・・火水の靈也。和也、女也、流也、下知也、正中の靈也、凝也、双也、頭也、無也、生也、鳴也、汝也、過去、現在、未来にわたる靈也、納也。

キ・・・影の火の靈也。氣(いき)也、正中也、限也、生也、草也、貴也、来也、香也、土。

ノ・・・水の靈也。回水也、如也、差別(けじめ)を宰る也、切也、割別也、◯也。

タ・・・水中の火の靈也。タマ也、種也、大也、多也、連也、胎也、縦也、溜水也。

マ・・・火中の水の靈也。潤水也、向也、眼也、回也、間也、曲也、大也、広也、円也、甚也、狗也、多也、女也。

ワ・・・水火の靈也。国土也、水火水(しほみず)也、水の◯(わ)也、万物の形を宰る也。

ケ・・・影の火の靈也。差別(けじめ)也 、正也、香也、器也、五穀也、家也、朝より暮に至る義也。

ア・・・空中の水の靈也。無にして有也。五十連の総名也、天也、海也、吾也、自然(おのつから)也、◯也。

ヤ・・・火水の靈也。文(あや)也、和也、沼也、家也、否也、水火の両を宰る也、反(うらはら)の義をなす也。

ク・・・影の火の靈也。氣(いき)の降る也、与也、土也、黒也、香也、濁也。

メ・・・火中の水の靈也。潤水也、回也、芽也、正中を宰る也、女也、米也、海草也、馬也、群也、下知也。

クナキノタマ・・・氣(イキ)の種子

ワケ アヤ クメ・・・ワケ反し、ヱ。軽く和らかにメクリムツミ、文を與み、一つのコリより、万倍とめぐる。

解説

氣(イキ)の種子は軽く和らかにめくり睦み、文(アヤ)を與み、一つのコリより、万倍とめぐる。

シコネ カム ツミ  シツ マリヌ

シ・・・昇る水の靈也。始也、終也、死也、己也、幸也、司也、育也、石也、出水也、印也、進也、繁也、為限(しきる)也。

コ・・・影の火の靈也。男也、女也、総ての人の靈也、凝也、器也、囲也、処也、細也、香也、小也。

ネ・・・火水の靈也。水火の根也、母の靈也、土也、鎮也。

カ・・・煇火の靈也。影也、別也、香也、必也、黒也、暗也、大也、上也、数也、疑也、高也、限也、如是也、陽の昇也、家也、草也、是有也、搦也。

ム・・・水中の水の靈也。潤水也。無也、空也、息の終也、暗也、結也、睦也、渦巻也、黒也。

ツ・・・火中の水の靈也。渦巻也、列(つらなる)也、続也、積也、約也。

ミ・・・火中の水の靈也。潤水也、正中を宰る也、月の靈也、貴也、虫也、五穀也、渦巻也、暗也。

シ・・・昇る水の靈也。始也、終也、死也、己也、幸也、司也、育也、石也、出水也、印也、進也、繁也、為限(しきる)也。

ツ・・・火中の水の靈也。渦巻也、列(つらなる)也、続也、積也、約也。

マ・・・火中の水の靈也。潤水也、向也、眼也、回也、間也、曲也、大也、広也、円也、甚也、狗也、多也、女也。

リ・・・濁水の靈也。息息(いい)の両也、人也、割別(さきわく)也、涎也、唾也。 ※リの法則・・・逆らわずして、共に循環する。 言霊秘書 p450

ヌ・・・火水の靈也。黒也、暗也、終也、潤也、緯(ぬき)也、出入の息の間に位する◯也。 

シコネ・・・反し、セ。異なるものが一つに力を合わせる。

カム・・・與む

ツミ ・・・反し、チ。天地も、元は氣(イキ)より開て、万物をなす。

シツ・・・反し、ス。ス一(すいち)

マリヌ・・・反し、ム。睦むことナシ

 

 

解説

異なるものが一つに力を合わせ與みあい氣(イキ)より開て、万物をなす。

ス一(すいち)に睦むことナシ

イツノ タテ カム   アワ ナキ カサネ

イ・・・空中の水の靈也。出息也、命也。

ツ・・・火中の水の靈也。渦巻也、列(つらなる)也、続也、積也、約也。

ノ・・・水の靈也。回水也、如也、差別(けじめ)を宰る也、切也、割別也、◯也。

タ・・・水中の火の靈也。タマ也、種也、大也、多也、連也、胎也、縦也、溜水也。

テ・・・水火の靈也。右左也、掌(たなごころ)也、風也、人也、発也、児の靈也。

カ・・・煇火の靈也。影也、別也、香也、必也、黒也、暗也、大也、上也、数也、疑也、高也、限也、如是也、陽の昇也、家也、草也、是有也、搦也。

ム・・・水中の水の靈也。潤水也。無也、空也、息の終也、暗也、結也、睦也、渦巻也、黒也。

ア・・・空中の水の靈也。無にして有也。五十連の総名也、天也、海也、吾也、自然(おのつから)也、◯也。

ワ・・・水火の靈也。国土也、水火水(しほみず)也、水の◯(わ)也、万物の形を宰る也。

ナ・・・火水の靈也。和也、女也、流也、下知也、正中の靈也、凝也、双也、頭也、無也、生也、鳴也、汝也、過去、現在、未来にわたる靈也、納也。

キ・・・影の火の靈也。氣(いき)也、正中也、限也、生也、草也、貴也、来也、香也、土。

カ・・・煇火の靈也。影也、別也、香也、必也、黒也、暗也、大也、上也、数也、疑也、高也、限也、如是也、陽の昇也、家也、草也、是有也、搦也。

サ・・・昇る水の靈也。割別也、細也、小也、少也、短也、誘也、放也、去也。

ネ・・・火水の靈也。水火の根也、母の靈也、土也、鎮也。

イツノ ・・・與み凝り塊る

タテ・・・天地の水氣と火垂より万物起こる

カム ・・・搦み睦む

アワ・・・自然と(おのつから)万物の形をつかさどる

ナキ・・・日月、天地

カサネ・・・息を子孫に伝えて、永き世経る。火の影、火のはたらきは物を明確にする。

 

解説

與み凝り塊り、天地の水氣と火垂より万物起こる。搦み睦み自然と(おのつから)日月、天地は、息を子孫に伝えて、永き世経る。火の影、火のはたらきは物を明確にする。

アハ チノ   ホノサ ワケ シマ

ア・・・空中の水の靈也。無にして有也。五十連の総名也、天也、海也、吾也、自然(おのつから)也、◯也。

ハ・・・正火の靈也。地の方(けた)を宰る也、端也、角也、実也、初也、発也、出入息の両を宰る也、土也、髪也、広也、ワに唱うる時は◯の心をなす也。

チ・・・水中の火の靈也。胎内の火の靈也。血也、地中の火也、草也、剣也、風也、父の靈(たま)也、息の本也、五穀也、鳥の靈(たま)也、一也、年、月、日、時の靈(たま)也、隔限也。

ノ・・・水の靈也。回水也、如也、差別(けじめ)を宰る也、切也、割別也、◯也。

ホ・・・正火の靈也。母也、火浮(ほのめく)也、尖也、天地万物の初也、陰門也、臍(ほ(へ)そ)也、袋也、ヽ(ほし)也。

ノ・・・水の靈也。回水也、如也、差別(けじめ)を宰る也、切也、割別也、◯也。

サ・・・昇る水の靈也。割別也、細也、小也、少也、短也、誘也、放也、去也。

ワ・・・水火の靈也。国土也、水火水(しほみず)也、水の◯(わ)也、万物の形を宰る也。

ケ・・・影の火の靈也。差別(けじめ)也 、正也、香也、器也、五穀也、家也、朝より暮に至る義也。

シ・・・昇る水の靈也。始也、終也、死也、己也、幸也、司也、育也、石也、出水也、印也、進也、繁也、為限(しきる)也。

マ・・・火中の水の靈也。潤水也、向也、眼也、回也、間也、曲也、大也、広也、円也、甚也、狗也、多也、女也。

アハ チノ ・・・自然(おのつから)ひらき 年月日時がめぐり

ホノサ・・・進む

ワケ ・・・軽やかにめくる

シマ・・・ひらき散る

解説

自然(おのつから)ひらき 年月日時がめぐり進み軽やかにめくるひらき散る

 

イヨノ イヤ シロ チ

イ・・・空中の水の靈也。出息也、命也。

ヨ・・・水火の靈也。与也、女男の契也、淀也、齢也、下知也。

ノ・・・水の靈也。回水也、如也、差別(けじめ)を宰る也、切也、割別也、◯也。

イ・・・空中の水の靈也。出息也、命也。

ヤ・・・火水の靈也。文(あや)也、和也、沼也、家也、否也、水火の両を宰る也、反(うらはら)の義をなす也。

シ・・・昇る水の靈也。始也、終也、死也、己也、幸也、司也、育也、石也、出水也、印也、進也、繁也、為限(しきる)也。

ロ・・・濁水の靈也。大濁の塊也 、ラリルレの四音はこの一音に凝塊也。故にこの四音に代りてなすことある也。

チ・・・水中の火の靈也。胎内の火の靈也。血也、地中の火也、草也、剣也、風也、父の靈(たま)也、息の本也、五穀也、鳥の靈(たま)也、一也、年、月、日、時の靈(たま)也、隔限也。

イヨノ・・・ 貴(とうと)く靈(タマ)を氣(イキ)に與む

イヤ シロ チ・・・自然に 形を隠して動かす 時とは與む氣なり。割別れて息を與む。

解説

貴(とうと)く靈(タマ)を氣(イキ)に與む

自然に 形を隠して動かす 時とは與む氣なり。割別れて息を與む。

32首の解説

アマノ カミ   アメノ ヨロヅ

地を駆けめぐる氣(イキ)、天をめくりめく與み塊る水中の火、天地も、元は氣(イキ)より開て、万物をなす。

クナキ ノ タマ   ワケ アヤ クメ

氣(イキ)の種子は軽く和らかにめくり睦み、文(アヤ)を與み、一つのコリより、万倍とめぐる。

シコネ カム ツミ  シツ マリヌ

異なるものが一つに力を合わせ與みあい氣(イキ)より開て、万物をなす。

ス一(すいち)に睦むことナシ

イツノ タテ カム   アワ ナキ カサネ

與み凝り塊り、天地の水氣と火垂より万物起こる。搦み睦み自然と(おのつから)日月、天地は、息を子孫に伝えて、永き世経る。火の影、火のはたらきは物を明確にする。

アハ チノ   ホノサ ワケ シマ

自然(おのつから)ひらき 年月日時がめぐり進み軽やかにめくるひらき散る

イヨノ イヤ シロ チ

貴(とうと)く靈(タマ)を氣(イキ)に與む

自然に 形を隠して動かす 時とは與む氣なり。割別れて息を與む。

解説

地を駆けめぐる氣(イキ)と、天をめくり與み塊る水中の火、天地も元は氣(イキ)より開いて万物を創造している。

氣(イキ)の種子は軽く和らかにめくり睦み、文(アヤ)を與み、一つのコリより、万倍へとめぐる。

異なるものが一つに力を合わせ與みあい氣(イキ)より開て万物をなす。

火水が一つにならなければすべては生まれることは無かった。

與み凝り塊り、天地の水氣(みぎ)と火垂(ひだり)より万物は創生されている。搦み睦み自然と(おのつから)天地日月と躰を定め、差別(けじめ)を分ち、息を子孫に伝えて、永き世経る。火の影、火のはたらきは物を明確にする。

自然(おのつから)万物を開きはじめ、年月日時がめくりめく進み軽やかに経過しひらき散る。

貴(とうと)い靈(タマ)を氣(イキ)に與む。

自然にカタチを隠して動かす、時とは與む氣なり。割別れて息を與む。

カタカムナの万物創生の理(ことわり)によって、時(とき)も生み出されている。

時とは『與む氣なり。割別れて息を與む。』とある。カタカムナ人にとっての時とは、万物が生まれる原理と同じように氣(イキ)が息(イキ)に與むことで自然とやわらかにめくりめくもの、そして時が経つことで、一粒万倍にもなるしひらき散ってゆくと表現している。尊き靈(タマ)を氣(イキ)に與むとは、人は生まれてから死ぬまでの時の中で限られた息を与られている。その限られた尊き息も時が経てば散理ゆく物。そして、散って躰から離れた氣(イキ)は空中の水へと戻りめくりめく再び新たな生命へと宿ってゆく。それが子々孫々続き、永きをを経てゆくと示している。

 

 

 

ABOUT ME
猿田彦
YouTube猿田彦TV運営 縄文カタカムナ文化塾を運営。 楢崎皐月、宇野多美恵からカタカムナを継承した天野成美のもとでカタカムナを深め、独自に言霊を研究。出口王任三郎、岡本天明も師事していた水穂伝、布斗麻邇御靈(フトマニノミタマ)、稲荷古伝を研究しカタカムナを言霊から独自の解読で読み解いている。
11/13 日本と伊奈利とカタカムナ 講演会
縄文文明と カタカムナ文明 特別スクール講義
天岩戸神社 坤(ひつじさる)の金神 奉納会
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です