カタカムナ80首

カタカムナウタイ62首を読み解く 火垂(ヒタリ)水極(ミキリ)の左右備え #2

カタカムナ62首を読み解く

中心図象ヤタノカカミ

ヤ ク サ イ カ ツ チ  ウ ツ シ ツ ミ

ヤ・・・火水の靈也。文(あや)也、和也、沼也、家也、否也、水火の両を宰る也、反(うらはら)の義をなす也。

ク・・・影の火の靈也。氣(いき)の降る也、与也、土也、黒也、香也、濁也。

サ・・・昇る水の靈也。割別也、細也、小也、少也、短也、誘也、放也、去也。

イ・・・空中の水の靈也。出息也、命也。

カ・・・煇火の靈也。影也、別也、香也、必也、黒也、暗也、大也、上也、数也、疑也、高也、限也、如是也、陽の昇也、家也、草也、是有也、搦也。

ツ・・・火中の水の靈也。渦巻也、列(つらなる)也、続也、積也、約也。

チ・・・水中の火の靈也。胎内の火の靈也。血也、地中の火也、草也、剣也、風也、父の靈(たま)也、息の本也、五穀也、鳥の靈(たま)也、一也、年、月、日、時の靈(たま)也、隔限也。

ウ・・・空中の水の靈也。浮き昇る也、動也、生也、暗也。

ツ・・・火中の水の靈也。渦巻也、列(つらなる)也、続也、積也、約也。

シ・・・昇る水の靈也。始也、終也、死也、己也、幸也、司也、育也、石也、出水也、印也、進也、繁也、為限(しきる)也。

ツ・・・火中の水の靈也。渦巻也、列(つらなる)也、続也、積也、約也。

ミ・・・火中の水の靈也。潤水也、正中を宰る也、月の靈也、貴也、虫也、五穀也、渦巻也、暗也。

ヤ ク サ イ カ ツ チ  ウ ツ シ ツ ミ

地上のあらゆる現象は 天の火が降りるに依(より)て、万物の現象を動かし出し 

その現象におのずから和らぎ、 一歩を踏み出し、その道を百千に切り拓き続け 天から与えられた原因がこの世に搦むがゆえに現象が顕れ 天の火のために動かされて出現する。

現れた現象に水の如く立ち回り 正中をつかさどることで 新たな芽が生み出され 切れずに続き 天地の水火(イキ)の昇り極まるをつかさどることができる。

 

ヒ タ リ ミ キ リ ノ

ヒ・・・正火の靈也。天を回る火の靈也、日也、出入息の本也、穴也、米也、非也、否也、氷也、語の下にイに云う時にこのヒを書く也。

タ・・・水中の火の靈也。タマ也、種也、大也、多也、連也、胎也、縦也、溜水也。

リ・・・濁水の靈也。息息(いい)の両也、人也、割別(さきわく)也、涎也、唾也。 ※リの法則・・・逆らわずして、共に循環する。 言霊秘書 p450

ミ・・・火中の水の靈也。潤水也、正中を宰る也、月の靈也、貴也、虫也、五穀也、渦巻也、暗也。

キ・・・影の火の靈也。氣(いき)也、正中也、限也、生也、草也、貴也、来也、香也、土。

リ・・・濁水の靈也。息息(いい)の両也、人也、割別(さきわく)也、涎也、唾也。 ※リの法則・・・逆らわずして、共に循環する。 言霊秘書 p450

ノ・・・水の靈也。回水也、如也、差別(けじめ)を宰る也、切也、割別也、◯也。

ヒ タ リ ミ キ リ ノ

火垂(ヒタリ)、水極(ミキリ)の手、左右備えあり、堅固なり。

火となり水となり 立ち回ることで 全ての現象に順応することができ、崩されることがない。

タ ナ カ ヒ ノ  マ  ア キ ツ ヒ メ

タ・・・水中の火の靈也。タマ也、種也、大也、多也、連也、胎也、縦也、溜水也。

ナ・・・火水の靈也。和也、女也、流也、下知也、正中の靈也、凝也、双也、頭也、無也、生也、鳴也、汝也、過去、現在、未来にわたる靈也、納也。

カ・・・煇火の靈也。影也、別也、香也、必也、黒也、暗也、大也、上也、数也、疑也、高也、限也、如是也、陽の昇也、家也、草也、是有也、搦也。

ヒ・・・正火の靈也。天を回る火の靈也、日也、出入息の本也、穴也、米也、非也、否也、氷也、語の下にイに云う時にこのヒを書く也。

ノ・・・水の靈也。回水也、如也、差別(けじめ)を宰る也、切也、割別也、◯也。

マ・・・火中の水の靈也。潤水也、向也、眼也、回也、間也、曲也、大也、広也、円也、甚也、狗也、多也、女也。

ア・・・空中の水の靈也。無にして有也。五十連の総名也、天也、海也、吾也、自然(おのつから)也、◯也。

キ・・・影の火の靈也。氣(いき)也、正中也、限也、生也、草也、貴也、来也、香也、土。

ツ・・・火中の水の靈也。渦巻也、列(つらなる)也、続也、積也、約也。

ヒ・・・正火の靈也。天を回る火の靈也、日也、出入息の本也、穴也、米也、非也、否也、氷也、語の下にイに云う時にこのヒを書く也。

メ・・・火中の水の靈也。潤水也、回也、芽也、正中を宰る也、女也、米也、海草也、馬也、群也、下知也。

 

タ ナ カ ヒ ノ  マ  ア キ ツ ヒ メ

我の影となり 汝、我とひとつ並び 万物の種子をつかさどりて、一より百千の数をなし 天之御中主のゝの火と一体となり

常に起こる天から降ろされた現象は 目に見えずとも 起こり続け、この世に搦むこと、天然の理(ことわり)ゆえに、世に奇なることなり。

天之御中主から創造された現象は、ゝ(ホチ)現象界の正中より陰陽双方に吹き開いて出現する。

62首の解説

ヤ ク サ イ カ ツ チ  ウ ツ シ ツ ミ

地上のあらゆる現象は 天の火が降りるに依(より)て、万物の現象を動かし出し 

その現象におのずから和らぎ、 一歩を踏み出し、その道を百千に切り拓き続け 天から与えられた原因がこの世に搦むがゆえに現象が顕れ 天の火のために動かされて出現する。

現れた現象に水の如く立ち回り 正中をつかさどることで 新たな芽が生み出され 切れずに続き 天地の水火(イキ)の昇り極まるをつかさどることができる。

ヒ タ リ ミ キ リ ノ

火垂(ヒタリ)、水極(ミキリ)の手、左右備えあり、堅固なり。

火となり水となり 立ち回ることで 全ての現象に順応することができ、崩されることがない。

タ ナ カ ヒ ノ  マ  ア キ ツ ヒ メ

我の影となり 汝、我とひとつ並び 万物の種子をつかさどりて、一より百千の数をなし 天之御中主のゝの火と一体となり

常に起こる天から降ろされた現象は 目に見えずとも 起こり続け、この世に搦むこと、天然の理(ことわり)ゆえに、世に奇なることなり。

天之御中主から創造された現象は、ゝ(ホチ)現象界の正中より陰陽双方に吹き開いて出現する。

 

 

ABOUT ME
猿田彦
YouTube猿田彦TV運営 縄文カタカムナ文化塾を運営。 楢崎皐月、宇野多美恵からカタカムナを継承した天野成美のもとでカタカムナを深め、独自に言霊を研究。出口王任三郎、岡本天明も師事していた水穂伝、布斗麻邇御靈(フトマニノミタマ)、稲荷古伝を研究しカタカムナを言霊から独自の解読で読み解いている。
11/13 日本と伊奈利とカタカムナ 講演会
縄文文明と カタカムナ文明 特別スクール講義
天岩戸神社 坤(ひつじさる)の金神 奉納会
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です