カタカムナ80首

カタカムナウタイ80首 ミトロ カヘシ  #2

カタカムナ80首を読み解く

中心図象 ヤタノカカミ

ヒト アメノ ウツシ ネ   カム ナカラ

ヒ・・・正火の靈也。天を回る火の靈也、日也、出入息の本也、穴也、米也、非也、否也、氷也、語の下にイに云う時にこのヒを書く也。

ト・・・男也、轟也、解也、飛也、基也、人也、与也、止め也、昇也、速也、前也、所也。

ア・・・空中の水の靈也。無にして有也。五十連の総名也、天也、海也、吾也、自然(おのつから)也、◯也。

メ・・・火中の水の靈也。潤水也、回也、芽也、正中を宰る也、女也、米也、海草也、馬也、群也、下知也。

ノ・・・水の靈也。回水也、如也、差別(けじめ)を宰る也、切也、割別也、◯也。

ウ・・・空中の水の靈也。浮き昇る也、動也、生也、暗也。

ツ・・・火中の水の靈也。渦巻也、列(つらなる)也、続也、積也、約也。

シ・・・昇る水の靈也。始也、終也、死也、己也、幸也、司也、育也、石也、出水也、印也、進也、繁也、為限(しきる)也。

ネ・・・火水の靈也。水火の根也、母の靈也、土也、鎮也。

カ・・・煇火の靈也。影也、別也、香也、必也、黒也、暗也、大也、上也、数也、疑也、高也、限也、如是也、陽の昇也、家也、草也、是有也、搦也。

ム・・・水中の水の靈也。潤水也。無也、空也、息の終也、暗也、結也、睦也、渦巻也、黒也。

ナ・・・火水の靈也。和也、女也、流也、下知也、正中の靈也、凝也、双也、頭也、無也、生也、鳴也、汝也、過去、現在、未来にわたる靈也、納也。

カ・・・煇火の靈也。影也、別也、香也、必也、黒也、暗也、大也、上也、数也、疑也、高也、限也、如是也、陽の昇也、家也、草也、是有也、搦也。

ラ・・・濁水の靈也。降也、涎也、唾也。

ヒト アメノ ウツシ ネ   カム ナカラ

万物の創造主は天之御中主のゝの火也。

常に天をめぐりて、これ無にして有也。 

万物の創造の天之御中主より、生まれ列なり終わりを備え生み出されている。

創造主の火は創造の輪に降り、ひとつになり火水(ヒミズ)搦み、水火(イキ)となり現象界に顕れる。

 

ウミ イマ サキ イヤミヨ ヤホ  ウミ アマ マカ

 

ウ・・・空中の水の靈也。浮き昇る也、動也、生也、暗也。

ミ・・・火中の水の靈也。潤水也、正中を宰る也、月の靈也、貴也、虫也、五穀也、渦巻也、暗也。

イ・・・空中の水の靈也。出息也、命也。

マ・・・火中の水の靈也。潤水也、向也、眼也、回也、間也、曲也、大也、広也、円也、甚也、狗也、多也、女也。

サ・・・昇る水の靈也。割別也、細也、小也、少也、短也、誘也、放也、去也。

キ・・・影の火の靈也。氣(いき)也、正中也、限也、生也、草也、貴也、来也、香也、土。

イ・・・空中の水の靈也。出息也、命也。

ヤ・・・火水の靈也。文(あや)也、和也、沼也、家也、否也、水火の両を宰る也、反(うらはら)の義をなす也。 

ミ・・・火中の水の靈也。潤水也、正中を宰る也、月の靈也、貴也、虫也、五穀也、渦巻也、暗也。

ヨ・・・水火の靈也。与也、女男の契也、淀也、齢也、下知也。

ヤ・・・火水の靈也。文(あや)也、和也、沼也、家也、否也、水火の両を宰る也、反(うらはら)の義をなす也。 

ホ・・・正火の靈也。母也、火浮(ほのめく)也、尖也、天地万物の初也、陰門也、臍(へそ)也、袋也、ヽ(ほし)也。

ウ・・・空中の水の靈也。浮き昇る也、動也、生也、暗也。

ミ・・・火中の水の靈也。潤水也、正中を宰る也、月の靈也、貴也、虫也、五穀也、渦巻也、暗也。

ア・・・空中の水の靈也。無にして有也。五十連の総名也、天也、海也、吾也、自然(おのつから)也、◯也。

マ・・・火中の水の靈也。潤水也、向也、眼也、回也、間也、曲也、大也、広也、円也、甚也、狗也、多也、女也。

マ・・・火中の水の靈也。潤水也、向也、眼也、回也、間也、曲也、大也、広也、円也、甚也、狗也、多也、女也。

カ・・・煇火の靈也。影也、別也、香也、必也、黒也、暗也、大也、上也、数也、疑也、高也、限也、如是也、陽の昇也、家也、草也、是有也、搦也。

ウミ イマ サキ イヤ ミヨ ヤホ  ウミ アマ マカ  ウミ ウツシ ソレ ヤス

天之御中主の創造の種が生み出されるのは、睦み搦む生命は火水凝りて形をなし、さきわかれ命あやなし、この世は現象・物質・生命に満ち溢れ、よくものを産出し、始めに終わりを備え、終わりに始めを備えている。

天之御中主の創造の種が生み出されるのは、めぐりめくる万物を搦み永き世めぐりて尽きること無き。

天之御中主の創造の種が生み出されるのは、この世に映し出したものにて潜象界の真の火が、現象界の大気の水に與みて、タマとなり現象として降り具現化する。

潜象界は規制なく早く動き、現象界は規制多く遅く動く。

現象は用(はたらき)にして、その形現れ、現象化の実態は潜象にして、形は見えなきもの。

現象界は目に見えざる森羅万象の理によって動かされ、少しの誤差もなく具現化は起こされている。

 

 ウミ ウツシ ソレ ヤス

ウ・・・空中の水の靈也。浮き昇る也、動也、生也、暗也。

ミ・・・火中の水の靈也。潤水也、正中を宰る也、月の靈也、貴也、虫也、五穀也、渦巻也、暗也。

ウ・・・空中の水の靈也。浮き昇る也、動也、生也、暗也。

ツ・・・火中の水の靈也。渦巻也、列(つらなる)也、続也、積也、約也。

シ・・・昇る水の靈也。始也、終也、死也、己也、幸也、司也、育也、石也、出水也、印也、進也、繁也、為限(しきる)也。

ソ・・・火水の靈也。形の無也、遅也、揃也、塩也、白也、底也、背也、始也、山也、磯也、所也。

レ・・・濁水の靈也。涎也、唾也。

ヤ・・・火水の靈也。文(あや)也、和也、沼也、家也、否也、水火の両を宰る也、反(うらはら)の義をなす也。 

ス・・・水中の火の靈也。澄也、洲也、直也、鳥也、穴也、差別也、黒也、文(かざり)なき也、一(すいち)也、住也。

 

ウミ ウツシ ソレ ヤス・・・道に暗き、理に暗き、学に暗き文(アヤ)分からず、何も知らずにクラキもの、火によって物を分つこと明らか也。  火水の凝り昇るの至り極まりになる故に動き 火中の水灵にして、火中の水灵は必ず渦巻き 水際がはっきりと分かる。形現すの水は必ずしきり有り。必ず限りをなす。 

形無き本来の水火には、去るもなく、来るも無く、生もなく、滅もなく、只自然たるのみ。昇れば水は必ず澄み、清きなり天の星となり渦巻く水は氣を発き、火、水中にくみ極まりて、火の為に動かされて、水昇り初め星に住む。  

解説

道に暗き、理に暗き、学に暗き文(アヤ)分からず、何も知らずにクラキもの、火によって物を分つこと明らか也。  火水の凝り昇るの至り極まりになる故に動き 火中の水灵にして、火中の水灵は必ず渦巻き 水際がはっきりと分かる。形現すの水は必ずしきり有り。必ず限りをなす。 

形無き本来の水火には、去るもなく、来るも無く、生もなく、滅もなく、只自然たるのみ。昇れば水は必ず澄み、清きなり天の星となり渦巻く水は氣を発き、火、水中にくみ極まりて、火の為に動かされて、水昇り初め星に住む。

カム ナカラ ミトロ カヘシ

カ・・・煇火の靈也。影也、別也、香也、必也、黒也、暗也、大也、上也、数也、疑也、高也、限也、如是也、陽の昇也、家也、草也、是有也、搦也。

ム・・・水中の水の靈也。潤水也。無也、空也、息の終也、暗也、結也、睦也、渦巻也、黒也。

ナ・・・火水の靈也。和也、女也、流也、下知也、正中の靈也、凝也、双也、頭也、無也、生也、鳴也、汝也、過去、現在、未来にわたる靈也、納也。

カ・・・煇火の靈也。影也、別也、香也、必也、黒也、暗也、大也、上也、数也、疑也、高也、限也、如是也、陽の昇也、家也、草也、是有也、搦也。

ラ・・・濁水の靈也。降也、涎也、唾也。

チ・・・水中の火の靈也。胎内の火の靈也。血也、地中の火也、草也、剣也、風也、父の靈(たま)也、息の本也、五穀也、鳥の靈(たま)也、一也、年、月、日、時の靈(たま)也、隔限也。

カ・・・煇火の靈也。影也、別也、香也、必也、黒也、暗也、大也、上也、数也、疑也、高也、限也、如是也、陽の昇也、家也、草也、是有也、搦也。

ム・・・水中の水の靈也。潤水也。無也、空也、息の終也、暗也、結也、睦也、渦巻也、黒也。

ナ・・・火水の靈也。和也、女也、流也、下知也、正中の靈也、凝也、双也、頭也、無也、生也、鳴也、汝也、過去、現在、未来にわたる靈也、納也。

カ・・・煇火の靈也。影也、別也、香也、必也、黒也、暗也、大也、上也、数也、疑也、高也、限也、如是也、陽の昇也、家也、草也、是有也、搦也。

ラ・・・濁水の靈也。降也、涎也、唾也。

ミ・・・火中の水の靈也。潤水也、正中を宰る也、月の靈也、貴也、虫也、五穀也、渦巻也、暗也。

ト・・・男也、轟也、解也、飛也、基也、人也、与也、止め也、昇也、速也、前也、所也。

ロ・・・濁水の靈也。大濁の塊也 、ラリルレの四音はこの一音に凝塊也。故にこの四音に代りてなすことある也。

カ・・・煇火の靈也。影也、別也、香也、必也、黒也、暗也、大也、上也、数也、疑也、高也、限也、如是也、陽の昇也、家也、草也、是有也、搦也。

へ・・・正火の靈也。膨也、隔也、経也、緯也。

シ・・・昇る水の靈也。始也、終也、死也、己也、幸也、司也、育也、石也、出水也、印也、進也、繁也、為限(しきる)也。

カム ナカラ ミトロ カヘシ

天之御中主の父のゝはこの世に隠れ、この世は天之御中主の父のゝの影となり ひとつに並び搦み万物は成就する。 

天之御中主の父のゝ一より百千に及び、天之御中主の母なる創造が満ち溢れ具現化する。

天之御中主の父のゝ、天之御中主の生み出す地球に搦むがゆえに、形現れ輝く

輝くこの世のあらゆる現象と生命は日輪にして、永き世天を回りてその用(はたら)き搦みて尽きることなし。

あめつちはじまりの渾沌を解く、籠(こも)れる一物のゝ脹れ立ち、生まれ列なり終わりを備え生み出されている。

アキ ウツシ スへ ワリ アマ タマ ミトロ カヘシ

ア・・・空中の水の靈也。無にして有也。五十連の総名也、天也、海也、吾也、自然(おのつから)也、◯也。

キ・・・影の火の靈也。氣(いき)也、正中也、限也、生也、草也、貴也、来也、香也、土。

ウ・・・空中の水の靈也。浮き昇る也、動也、生也、暗也。

ツ・・・火中の水の靈也。渦巻也、列(つらなる)也、続也、積也、約也。

シ・・・昇る水の靈也。始也、終也、死也、己也、幸也、司也、育也、石也、出水也、印也、進也、繁也、為限(しきる)也。

ス・・・水中の火の靈也。澄也、洲也、直也、鳥也、穴也、差別也、黒也、文(かざり)なき也、一(すいち)也、住也。

へ・・・正火の靈也。膨也、隔也、経也、緯也。

ワ・・・水火の靈也。国土也、水火水(しほみず)也、水の◯(わ)也、万物の形を宰る也。

リ・・・濁水の靈也。息息(いい)の両也、人也、割別(さきわく)也、涎也、唾也。 ※リの法則・・・逆らわずして、共に循環する。 言霊秘書 p450

ア・・・空中の水の靈也。無にして有也。五十連の総名也、天也、海也、吾也、自然(おのつから)也、◯也。

マ・・・火中の水の靈也。潤水也、向也、眼也、回也、間也、曲也、大也、広也、円也、甚也、狗也、多也、女也。

タ・・・水中の火の靈也。タマ也、種也、大也、多也、連也、胎也、縦也、溜水也。

マ・・・火中の水の靈也。潤水也、向也、眼也、回也、間也、曲也、大也、広也、円也、甚也、狗也、多也、女也。

ミ・・・火中の水の靈也。潤水也、正中を宰る也、月の靈也、貴也、虫也、五穀也、渦巻也、暗也。

ト・・・男也、轟也、解也、飛也、基也、人也、与也、止め也、昇也、速也、前也、所也。

ロ・・・濁水の靈也。大濁の塊也 、ラリルレの四音はこの一音に凝塊也。故にこの四音に代りてなすことある也。

カ・・・煇火の靈也。影也、別也、香也、必也、黒也、暗也、大也、上也、数也、疑也、高也、限也、如是也、陽の昇也、家也、草也、是有也、搦也。

へ・・・正火の靈也。膨也、隔也、経也、緯也。

シ・・・昇る水の靈也。始也、終也、死也、己也、幸也、司也、育也、石也、出水也、印也、進也、繁也、為限(しきる)也。

アキ ウツシ スへ ワリ アマ タマ ミトロ カヘシ

父のゝと母の◯、すなわち水火すでに凝りて、浮かび出る氣(イキ)は、無果円融(むげえんゆう)するゆえに、妨げられずに、一切の存在についてすべてのものがとけあい、互いに妨げあわず、生まれ列なり終わりを備え生み出されている。

あめつちはじまりの渾沌を解く、籠(こも)れる一物のゝ脹れ立ち 火と水と和らぎ與みて、創造の種は生み出された現象に隠れ、現象ばかりが目に映るが、すべての現象とは本来清らかなるもの。

森羅万象の理のなかで循環し、見える世界も、見えざる世界も、この世の全ては◯輪をなしてつながり、玉のように円くひとつにかたまっている。

天之御中主の父のゝ一より百千に及び、天之御中主の母なる創造が満ち溢れ具現化し

天之御中主の父のゝ、天之御中主の生み出す地球に搦むがゆえに、形現れ輝く

輝くこの世のあらゆる現象と生命は日輪にして、永き世天を回りてその用(はたら)き搦みて尽きることなし。

あめつちはじまりの渾沌を解く、籠(こも)れる一物のゝ脹れ立ち、生まれ列なり終わりを備え生み出されている。

 

80首の解説

ヒト アメノ ウツシ ネ   カム ナカラ

万物の創造主は天之御中主のゝの火也。

常に天をめぐりて、これ無にして有也。 

万物の創造の天之御中主より、生まれ列なり終わりを備え生み出されている。

創造主の火は創造の輪に降り、ひとつになり火水(ヒミズ)搦み、水火(イキ)となり現象界に顕れる。

ウミ イマ サキ イヤ ミヨ ヤホ  ウミ アマ マカ  ウミ ウツシ ソレ ヤス

天之御中主の創造の種が生み出されるのは、睦み搦む生命は火水凝りて形をなし、さきわかれ命あやなし、この世は現象・物質・生命に満ち溢れ、よくものを産出し、始めに終わりを備え、終わりに始めを備えている。

天之御中主の創造の種が生み出されるのは、めぐりめくる万物を搦み永き世めぐりて尽きること無き。

天之御中主の創造の種が生み出されるのは、この世に映し出したものにて潜象界の真の火が、現象界の大気の水に與みて、タマとなり現象として降り具現化する。

潜象界は規制なく早く動き、現象界は規制多く遅く動く。

現象は用(はたらき)にして、その形現れ、現象化の実態は潜象にして、形は見えなきもの。

現象界は目に見えざる森羅万象の理によって動かされ、少しの誤差もなく具現化は起こされている。

カム ナカラ ミトロ カヘシ

天之御中主の父のゝはこの世に隠れ、この世は天之御中主の父のゝの影となり ひとつに並び搦み万物は成就する。 

天之御中主の父のゝ一より百千に及び、天之御中主の母なる創造が満ち溢れ具現化する。

天之御中主の父のゝ、天之御中主の生み出す地球に搦むがゆえに、形現れ輝く

輝くこの世のあらゆる現象と生命は日輪にして、永き世天を回りてその用(はたら)き搦みて尽きることなし。

あめつちはじまりの渾沌を解く、籠(こも)れる一物のゝ脹れ立ち、生まれ列なり終わりを備え生み出されている。

アキ ウツシ スへ ワリ アマ タマ ミトロ カヘシ

父のゝと母の◯、すなわち水火すでに凝りて、浮かび出る氣(イキ)は、無果円融(むげえんゆう)するゆえに、妨げられずに、一切の存在についてすべてのものがとけあい、互いに妨げあわず、生まれ列なり終わりを備え生み出されている。

あめつちはじまりの渾沌を解く、籠(こも)れる一物のゝ脹れ立ち 火と水と和らぎ與みて、創造の種は生み出された現象に隠れ、現象ばかりが目に映るが、すべての現象とは本来清らかなるもの。

森羅万象の理のなかで循環し、見える世界も、見えざる世界も、この世の全ては◯輪をなしてつながり、玉のように円くひとつにかたまっている。

天之御中主の父のゝ一より百千に及び、天之御中主の母なる創造が満ち溢れ具現化し

天之御中主の父のゝ、天之御中主の生み出す地球に搦むがゆえに、形現れ輝く

輝くこの世のあらゆる現象と生命は日輪にして、永き世天を回りてその用(はたら)き搦みて尽きることなし。

あめつちはじまりの渾沌を解く、籠(こも)れる一物のゝ脹れ立ち、生まれ列なり終わりを備え生み出されている。

ABOUT ME
猿田彦
YouTube猿田彦TV運営 縄文カタカムナ文化塾を運営。 楢崎皐月、宇野多美恵からカタカムナを継承した天野成美のもとでカタカムナを深め、独自に言霊を研究。出口王任三郎、岡本天明も師事していた水穂伝、布斗麻邇御靈(フトマニノミタマ)、稲荷古伝を研究しカタカムナを言霊から独自の解読で読み解いている。
11/13 日本と伊奈利とカタカムナ 講演会
縄文文明と カタカムナ文明 特別スクール講義
天岩戸神社 坤(ひつじさる)の金神 奉納会
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です