カタカムナ80首

カタカムナ18首を読み解く #2 天災からの復興

カタカムナ18首を読み解く

中心図象フトマニ 生命活動の原理

天災からの復興

カ ム ア シ キ ネ

カ・・・煇火の靈也。影也、別也、香也、必也、黒也、暗也、大也、上也、数也、疑也、高也、限也、如是也、陽の昇也、家也、草也、是有也、搦也。

ム・・・水中の水の靈也。潤水也。無也、空也、息の終也、暗也、結也、睦也、渦巻也、黒也。

ア・・・空中の水の靈也。無にして有也。五十連の総名也、天也、海也、吾也、自然(おのつから)也、◯也。

シ・・・昇る水の靈也。始也、終也、死也、己也、幸也、司也、育也、石也、出水也、印也、進也、繁也、為限(しきる)也。

キ・・・影の火の靈也。氣(いき)也、正中也、限也、生也、草也、貴也、来也、香也、土。

ネ・・・火水の靈也。水火の根也、母の靈也、土也、鎮也。

 

 

カ ム ・・・天の人と地の人が心と心とかよわせ一つになり

ア シ ・・・おのずから地の人々は天の人を中心とし動き

キ ネ・・・天の人と地の人は共に 荒れた土地を鎮めた

解説

カ ム ア シ キ ネ・・・

天の人と地の人が心と心とかよわせ一つになり

おのずから地の人々は天の人を中心とし動き

天の人と地の人は共に 荒れた土地を鎮めた

 

 

 

 ア マ タ マ ノ ム カ ヒ ア マ ア メ

ア・・・空中の水の靈也。無にして有也。五十連の総名也、天也、海也、吾也、自然(おのつから)也、◯也。

マ・・・火中の水の靈也。潤水也、向也、眼也、回也、間也、曲也、大也、広也、円也、甚也、狗也、多也、女也。

タ・・・水中の火の靈也。タマ也、種也、大也、多也、連也、胎也、縦也、溜水也。

マ・・・火中の水の靈也。潤水也、向也、眼也、回也、間也、曲也、大也、広也、円也、甚也、狗也、多也、女也。

ノ・・・水の靈也。回水也、如也、差別(けじめ)を宰る也、切也、割別也、◯也。

 

 

アマ タマノ・・・天の人、地の人は共に連なり助け合い 国中を回り

ム カ ヒ  ・・・地の人々は労力を 天の人々は知恵を 出し合い復興を進めてゆく

ア マ ア メ・・・国中を回り 知恵と労力で復興しながら巡ってゆく

解説

アマ タマノ ム カ ヒ ア マ ア メ・・・

天の人、地の人は共に連なり助け合い 国中を回り

地の人々は労力を 天の人々は知恵を 出し合い復興を進めてゆく

国中を回り 知恵と労力で復興しながら巡ってゆく

 

オ ホ トノチ

オ・・・空中の水の靈也。起也、貴也、高也、於(うへ)也。

ホ・・・正火の靈也。母也、火浮(ほのめく)也、尖也、天地万物の初也、陰門也、臍(ほ(へ)そ)也、袋也、ヽ(ほし)也。

ト・・・男也、轟也、解也、飛也、基也、人也、与也、止め也、昇也、速也、前也、所也。

ノ・・・水の靈也。回水也、如也、差別(けじめ)を宰る也、切也、割別也、◯也。

チ・・・水中の火の靈也。胎内の火の靈也。血也、地中の火也、草也、剣也、風也、父の靈(たま)也、息の本也、五穀也、鳥の靈(たま)也、一也、年、月、日、時の靈(たま)也、隔限也。

 

大意

オホトノチ ・・・噴火で滅亡した地に再び人々の営みを興し 天の人と地の人はチカラをあわせ一より百千に動く

オ ホ トノへ

オ・・・空中の水の靈也。起也、貴也、高也、於(うへ)也。

ホ・・・正火の靈也。母也、火浮(ほのめく)也、尖也、天地万物の初也、陰門也、臍(ほ(へ)そ)也、袋也、ヽ(ほし)也。

ト・・・男也、轟也、解也、飛也、基也、人也、与也、止め也、昇也、速也、前也、所也。

ノ・・・水の靈也。回水也、如也、差別(けじめ)を宰る也、切也、割別也、◯也。

へ・・・正火の靈也。膨也、隔也、経也、緯也。

オホトノへ ・・・噴火で滅亡した地に再び人々の営みを興し 天の人と地の人はチカラをあわせ 人々は集まり脹れ立つ

ア マ ク ニ ム カ ヒ

ア・・・空中の水の靈也。無にして有也。五十連の総名也、天也、海也、吾也、自然(おのつから)也、◯也。

マ・・・火中の水の靈也。
潤水也、向也、眼也、回也、間也、曲也、大也、広也、円也、甚也、狗也、多也、女也、男也。

ク・・・影の火の靈也。氣(いき)の降る也、与也、土也、黒也、香也、濁也。

ニ・・・火水の靈也。天地也 、日月也、水火の凝也、丹(あかき)也、非也、従也。

ム・・・水中の水の靈也。潤水也。無也、空也、息の終也、暗也、結也、睦也、渦巻也、黒也。

カ・・・煇火の靈也。影也、別也、香也、必也、黒也、暗也、大也、上也、数也、疑也、高也、限也、如是也、陽の昇也、家也、草也、是有也、搦也。

ヒ・・・正火の靈也。天を回る火の靈也、日也、出入息の本也、穴也、米也、非也、否也、氷也、語の下にイに云う時にこのヒを書く也。

大意

ア マ ・・・国土を常に回り

ク ニ ・・・復興を担う天の人と地の人の一行の降り立つところは万物を動かしだし 火(天の人)、水中(地の人々)に與み入りて明らかになる。

ム カ ヒ ・・・地の人々は労力を 天の人々は知恵を 出し合い復興を進めてゆく

 

解説

ア マ  ク ニ ム カ ヒ・・

国土を常に回り

 復興を担う天の人と地の人の一行の降り立つところは万物を動かしだし 火(天の人)、水中(地の人々)に與み入りて明らかになる。

地の人々は労力を 天の人々は知恵を 出し合い復興を進めてゆく

トコ タチ

ト・・・男也、轟也、解也、飛也、基也、人也、与也、止め也、昇也、速也、前也、所也。

コ・・・影の火の靈也。
男也、女也、総ての人の靈也、凝也、器也、囲也、処也、細也、香也、小也。

タ・・・水中の火の靈也。
タマ也、種也、大也、多也、連也、胎也、縦也、溜水也。

 

チ・・・水中の火の靈也。胎内の火の靈也。

血也、地中の火也、草也、剣也、風也、父の靈(たま)也、息の本也、五穀也、鳥の靈(たま)也、一也、年、月、日、時の靈(たま)也、隔限也

 

大意

トコタチ・・・與み凝り塊り新たな地上に立ち昇る。

 

18首の解説

カ ム ア シ キ ネ・・・

天の人と地の人が心と心とかよわせ一つになり

おのずから地の人々は天の人を中心とし動き

天の人と地の人は共に 荒れた土地を鎮めた

アマ タマノ ム カ ヒ ア マ ア メ・・・

天の人、地の人は共に連なり助け合い 国中を回り

地の人々は労力を 天の人々は知恵を 出し合い復興を進めてゆく

国中を回り 知恵と労力で復興しながら巡ってゆく

オホトノチ ・・・噴火で滅亡した地に再び人々の営みを興し 天の人と地の人はチカラをあわせ一より百千に動く

オホトノへ ・・・噴火で滅亡した地に再び人々の営みを興し 天の人と地の人はチカラをあわせ 人々は集まり脹れ立つ

ア マ  ク ニ ム カ ヒ・・・

国土を常に回り

 復興を担う天の人と地の人の一行の降り立つところは万物を動かしだし 火(天の人)、水中(地の人々)に與み入りて明らかになる。

地の人々は労力を 天の人々は知恵を 出し合い復興を進めてゆく

トコタチ・・・與み凝り塊り新たな地上に立ち昇る。

解説

天の人と地の人が心と心とかよわせ一つになり

おのずから地の人々は天の人を中心とし動き

天の人と地の人は共に 荒れた土地を鎮めた

天の人、地の人は共に連なり助け合い 国中を回り

地の人々は労力を 天の人々は知恵を 出し合い復興を進めてゆく

国中を回り 知恵と労力で復興しながら巡ってゆく

噴火で滅亡した地に再び人々の営みを興し 天の人と地の人はチカラをあわせ一より百千に動く

噴火で滅亡した地に再び人々の営みを興し 天の人と地の人はチカラをあわせ 人々は集まり脹れ立つ

国土を常に回り

 復興を担う天の人と地の人の一行の降り立つところは万物を動かしだし 火(天の人)、水中(地の人々)に與み入りて明らかになる。

地の人々は労力を 天の人々は知恵を 出し合い復興を進めてゆく

與み凝り塊り新たな地上に立ち昇る。

 

 

ABOUT ME
猿田彦
YouTube猿田彦TV運営 縄文カタカムナ文化塾を運営。 楢崎皐月、宇野多美恵からカタカムナを継承した天野成美のもとでカタカムナを深め、独自に言霊を研究。出口王任三郎、岡本天明も師事していた水穂伝、布斗麻邇御靈(フトマニノミタマ)、稲荷古伝を研究しカタカムナを言霊から独自の解読で読み解いている。
11/13 日本と伊奈利とカタカムナ 講演会
縄文文明と カタカムナ文明 特別スクール講義
天岩戸神社 坤(ひつじさる)の金神 奉納会
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です